せいこ先生

こぼれ話

宅録のおともに その3 動画編集ソフト

宅録した動画をYouTubeにアップするのに撮りっぱなしというわけにはいきません。 いろいろな編集作業が必要です。 例えばこれのような⇩ ピアニストが弾くお子様向け犬のピアノ曲  子供向けの発表会曲動画は1台のカメラで撮影し カットしたり...
練習のヒント

メロディーと伴奏のバランスをうまくとるにはどうすればいいの? その2 ~片手でメロディーと伴奏を両方弾く場合

メロディと伴奏の両方を右手だけ、もしくは左手だけで弾かなくてはならないときがあります。片手の中で指をコントロールし、いいバランスでメロディーと伴奏を弾き分けるのは至難の業。そのコツと練習方法をお伝えします。 両手の時と基本ポイントは同じ ...
練習のヒント

メロディーと伴奏のバランスをうまくとるにはどうすればいいの? その1

メロディと伴奏でできている曲は多いですが、「伴奏もっと静かに。」と注意されること、よくありませんか?両者を良いバランスで弾くのはなかなか難しいもの。メロディを邪魔せず控えめに美しく伴奏形を弾くコツをお教えします。
こぼれ話

宅録のおともに その2 小さいけど音質画質のいいビデオカメラ 

宅録にお勧めのビデオカメラです
練習のヒント

拍子感ってどうやって出すの?

「この曲何拍子?」とに先生に聞かれることはありませんか?意外と弾いている曲が何分の何拍子なのか意識できている人は少なく、弾けているのにつまらない演奏には拍子感がないことが多いです。拍子感とは何なのか、ないとなぜつまらないのか、どう拍子感を表現すればいいのか解説します。
練習のヒント

弾けないところの練習の仕方~分解する・拡大する・繰り返す 

うまく弾けない箇所を実際どう練習すれば効率よく克服していくことが出来るか。3つの言葉をキーワードに練習方法をご紹介します。
練習のヒント

ピアノを演奏するときの呼吸の方法とは? 歌うように呼吸しよう

ピアノは呼吸をしなくても鍵盤を押せば音が出るので、一生懸命弾いているとつい息をすることを忘れてしまいます。しかし呼吸がないと弾いていることは単なる音の羅列にしかならずつまらない演奏になってしまいます。演奏するために呼吸が必要な理由と、弾きながらどうに息をすべきかをお伝えします。
練習のヒント

良い音は良いフォームから~ ピアノを弾くときの足の位置気にかけてますか?

ピアノを弾く作業は上半身に動きが集中しているため忘れられがちですが良い響きのためには足の支えが重要です。今回は「足」にスポットを当てて、フォームについて考察したいと思います。
こぼれ話

宅録のおともに 音のしないピアノ椅子

自宅で録音したり動画を撮影するときに椅子の雑音が入ってしまってはせっかくの演奏が損なわれてしまいます。雑音のしない椅子を教えます!
練習のヒント

ここはなぜ弾けないの?ここはなぜいつもミスするの?

つっかかる箇所、ミスしてしまう箇所をやみくもにたくさんの回数を練習してもなかなか効果が上がりません。 うまく弾けない箇所の原因と対策をお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました